【なくした歯を取り戻す】インプラント治療のメリットってなに

先生

歯茎が腫れて痛い

ドクター

かかりつけ医に相談を

歯周病で歯茎が痩せてくると、歯と歯茎の間に隙間ができてしまうことがありますが、食べ物や歯ブラシなどで傷がつき、ばい菌が入って歯茎に炎症を起こすことがあります。歯磨きの時に歯ブラシが当たって痛いと思ったら、血が出てきてビックリということも少なくないので、そんな時はすぐに歯医者に行くのが正解です。塚口で一般歯科治療を行っている歯医者なら、歯茎が腫れて痛いという症状にも対応してくれますので、まずは電話で問い合わせてみるといいでしょう。塚口にある歯医者のほとんどが対応してくれると思われますが、中にはインプラントなどを専門的に行っている塚口のクリニックなどでは、一般の歯医者を受診するように言われるかもしれないからです。歯茎が腫れている場合、歯茎の中に膿が溜まっており、それが炎症を起こす引き金になっていることが多いと考えられます。治療の流れとしては、この膿を出して腫れを引かせることが大事になりますので、歯茎を切開して膿を出し、きれいにしてから縫合します。これでたいていの場合、痛みの原因が取り除かれるために、数日で歯茎の痛みから解放されると思われます。塚口にかかりつけと言える歯医者を持っていないのであれば、周囲の人たちから評判のいいところを教えてもらい、早めに治療に行くことが大事です。歯茎が腫れてくるということは、歯と歯茎の間に隙間ができている、いわゆる歯周病になっている可能性が大ですので、膿を出す処置とともに、歯周病処置も引き続き行われる可能性が高いといえます。